失業保険の自己都合と会社都合について。


失業保険では自己都合と会社都合の2種類の退職理由があります。
自己都合という場合は退職は自分の都合で辞めたという場合のことを表わします。

たとえば、働いている会社の給料が安かったために辞めてしまったり、結婚を機に退職をするというケースや、他の職業へ転職したいと希望したために退職をするというケースの事です。

また会社都合というのは会社の都合によって倒産してしまったり、リストラされてしまったりした場合の退職になります。

失業保険をもらう上で自己都合と会社都合では給付金の支払い開始時期も、金額なども違ってきますので覚えておきましょう。
まず失業保険の支給開始時期については、自己都合の場合には会社都合の人と同じく待機期間が1週間設けられています。

会社都合ならこの待機期間の1週間のみで支給開始になりますが、自己都合の場合には、さらに3か月も待たなくてはいけないことになっているので、自己都合で退職をしたという場合には、3か月と1週間も待たなくてはいけないということになるのです。
失業保険の給付までにかかる時間が大きく違うという特色があります。

失業保険をもらうにあたって自己都合の給付で誤解する人が多いのですが、自己都合として結婚を理由に退職をするという場合には、失業保険は受けられません。

あくまでも、再就職を希望していて働く気がある人しかもらえないのが失業保険ですから、自己都合の場合でもよく言い方を考えたうえでハローワークへ行きましょう。

posted by koyouhoken | 失業保険の手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。